ババア1日にしてならず

血液がメロンソーダ

たんぱく

f:id:bensonsomeskank:20170512021612j:image

Vineだよ〜!」


そう、わたしが今まで生きていた日々はVineの中のループに過ぎなかったのである。

微睡子の様子が今日はおかしい。サーモグラフィーを転写したように身体の温度がわかる。顔は青白くくすんで、手足は熱をもった赤色をしていた。そういえば彼女は寒がりであり、いつも着込んだかっこうをしているが、本日は春の晴天。むだに重ねた衣服は、垢のように身体を圧迫してるに違いない。熱がこもって居ても立ってもいられない様子だった。
なんでも、彼女は寒いことが異常に怖いのだそうだ。確かに春は日陰に入るとすぐさま温度が下がり、指先から夕闇に蝕まれる。はやく帰らなくては死んでしまう気がするから怖いのだという。濃い紫色は冷たい、だから6月に紫陽花が咲くのだと思う、と講師が言ったところで時刻は12:10をまわり、わたしたちは昼ごはんを食べに大学を出た。日差しは強かった。日焼け止めを塗り忘れた腕から白いチャックが開いて、とつぜん世界の出口が見えた。今までの人生は液晶の中のVineの中のわたしの中の6秒に過ぎなかったのだ。やりなおし


…なんでもないです。たまごです。

夏の訪れを感じつつ、自分が大人になるのを感じつつ、諦めることが増え過ぎてそれすら忘れてることに気がつく、んでそういうときって全てが手遅れだったりする。あるあるー!深夜はこういう気持ちになりがちです。

 

新曲の「永遠は?」たくさんのご視聴ありがとうございました。

www.nicovideo.jp

 

「隔たり」をテーマにした曲ですが、永遠もないし1つにもなれないしこの世は終わってますね。それでも愛す価値はあるのか?みたいな、めんどくさい文学少女メンヘラにありがちな歌詞です。でもしょうがないんだよね〜

 

身体の境界線がいちばん曖昧になるところが「粘膜」なんですけど、恋人たちはそこを舐め合ったり擦りつけ合ったりして1つになろうとするわけ。で、その結果うまれたものがまた「他人」に過ぎない子供であるという、なんという皮肉。これもまた曲にすると思います。

 

そう、子供って他人なんですよね。「家族だから心が通じ合ってる」とか伝説です。みんな隔たりがあり、超えられない壁がある。それ前提で話をしないからこんがらがるわけで…日本人はとくに同じ言語を持つ人なら言葉が通じると信じがち…自戒をこめて。

 

生物の先生が語ることって社会の色んな仕組みと似ていることが多いのは、社会もまた自然界で、わたしたちはただの一生物に過ぎないことを示してるのかな、と思います。だから生物室で映像を撮りました。絶望を歌うことが誰かの救いになりますように。