読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ババア1日にしてならず

血液がメロンソーダ

しくしく

f:id:bensonsomeskank:20160405234227j:image


夏、秋、冬、と
なにも気に留めず歩いていた道に
春、突として桜が咲いた

このあいだまで 極めて地味な幹を
しずかに 立ちのぼらせていたのみ
溢れるほどの花びらを持ちながら
その気配すらかんじさせなかったのに
どうしたのあまりに急すぎませんか
なんだろうこの忙しなさを
わたしはどこかで見たことがある
どこかで

窓の反射を見るとそこには
もう頂点を過ぎた肌を悟ったわたしが透きとおっている
それもあまりに急だった
まわりの友達が入れ替わるのも
彼氏ができて別れるのも
学校の色味がない生活も
あとあの芸能人とか
お父さんが死んでゆくときも

颯と過ぎてしまった日々を
吹かれて飛ぶ桜の花びらに
重ね垣間見てしまったのかもしれない
あまりに派手に咲き、あまりにあっけなく散っていくその一寸
べつに悲しいわけじゃない
悲しいわけではないけど
なぜだ泣きそうになりながら
帰るしかなかったのだ 家に


みたいな花見をしてきた写真を参照。
今日始業式でした最近なんか子供がかわいく思えるようになってきてこれはまさか自分もう子供じゃないってことなんじゃ?と認めるのはツラいです。自分がどんどん、自分で想像もしていないものになってゆく恐怖との戦いそれが少年少女期!!わたしまだその恐怖かかえてるからギリギリ少女!!!書類の上では高校3年生だけど心だけはまだピチピチの化粧知らず1年生のつもりです。そんなこと言ってる間に卒業しちゃうのかしら。次の桜を見るのが怖いよ