読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ババア1日にしてならず

血液がメロンソーダ

ほこたて

矛盾と同居 矛盾は同居し続ける男と女みたいに矛盾は同居し続ける足りないものを探してる 矛盾は同居し続ける長所と短所みたいに矛盾は同居し続ける完璧な愛を探してる 完璧な球体はどこにもないように完璧な愛もまたどこにもないのだろう それでも矛盾は同…

おはよう

孤独なものですね 強く手をにぎろうと抱きしめようと肌は水をはじくばかりでなくいとしいひととまじることさえ許さない ごくわずかな 粘膜という境界があいまいになるところをすりつけたりしてみるのに それによってうまれたのはまた自分と切り離された他人…

へるぷみ

母の背中 重たいものを右側に持ちすぎた母の背中は右上にかたむいているご存知だろうか人間は重たいものを片側にもつと反対へと身体をかたむけるのだつりあいをとるために いらないものを知りすぎたわたしの頭はゆがんでいるご存知だろうかムスメというもの…

師走は忙しなく

【重音テト】 アイスクリーム 【オリジナル】 by tamaGO VOCALOID/動画 - ニコニコ動画 いつも月に1つしか書かないことにしてるんですが、めちゃくちゃ語感いいタイトル思いついちゃったから番外編みたいなかんじなら許されるかなーってまあ許すも何も誰も…

ぜつぼう

あなたが好きそれはまるで絶望 それはまるでいくら鳥を食べようとお前は空を飛ぶそれのようにはなれないと 告げられた猫のよう あなたが好きわたしは絶望それはまるで いいえただの絶望 写真は自作の肉じゃがです結婚してください!えー最近これを書くのもそ…

いましめ

解決策のないダメ出しほど自分に堪えるものはない。 なぜ死にたいという気持ちを持つようになったのか私は人生の主題のようにゆっくり考えてきた。その原因の根源さえ掴めれば、抜きとることができるのではないかと思ったからだ。しかし考えてみてわかったこ…

われよい

毎日 このあとすぐ彼と会えるたぶん20分後ぐらいいや もっとはやく会って家に行って他愛のない話をしたあとちょっと遠出したらエスカレートしてどこかへ行くとおもうこれは予定じゃなくて願望どちらでもいいのだけどわたし本当にあの人と会えるかしら例えば…

さしすせ

生きとし生ける現代人 徹夜明けの粗末なファストフード店で飲んだ水は疲れて熱をもった喉を確実に冷やしながらすべり落ちるああなんだわたしって生きてた死にかけのような目のくまこんなになるまで気づけなかったのか 鈍りすぎてしまったのかもしれないな危…

さいげつ

歳月 爪や髪というものはじっと見てるだけじゃちっとも動かないのだが、ある日ふと見るとなぜか、身に覚えのない長さになっている。時計の針もそう。見つめているあいだは大して動かないのに、わたしがべつのものを見ているあいだに進んでいる。なぜか。それ…

おもかじ

たまごです。 世にはオジサンを好む女性が一定数いましてわたしはそれをオジコンと呼んでいます。わたしもついこのあいだまではそうだった気がします。いまはすっかり同い年のドラマーにらぶずっきゅんてきな理論てきなかんじです。意味がわからないのは徹夜…

あじさい

わたしって特別ではなくかといって普通でもないわたしって一体なんなの?あははぬるい毛布の中身体さえ滲んでぼやけていくようなそれを諦める眠りにつこうとするわたしって わたしって知らねーよ。たまごです。毛布の中で滲んでぼやけるのは川口晴美さんのパ…

とうきょ

少し女の子いつのまにかわたしがなにをしても叱ってくれるひとはいなくなって自己責任というかくばった言葉ばかり背負わされて彼氏にあまえたらしらけるしかわいくもないし肌のしたたるはりもないそのかわりお酒もタバコもやりたい放題、ゲームセンターで明…

しくしく

桜夏、秋、冬、となにも気に留めず歩いていた道に春、突として桜が咲いたこのあいだまで 極めて地味な幹をしずかに 立ちのぼらせていたのみ溢れるほどの花びらを持ちながらその気配すらかんじさせなかったのにどうしたのあまりに急すぎませんかなんだろうこ…