ババアは1日にしてならず

諸行無常の意味はない

さいげつ

f:id:bensonsomeskank:20160827175351j:image

 

歳月


爪や髪というものはじっと見てるだけじゃちっとも動かないのだが、ある日ふと見るとなぜか、身に覚えのない長さになっている。時計の針もそう。見つめているあいだは大して動かないのに、わたしがべつのものを見ているあいだに進んでいる。なぜか。それら事象の犯人は時間だ。しかし時間は目に見えないので犯行の現場は押さえることができない。見ることができるのは時間が変えていったものだけなのだ。
つまり時間はわたしが見ていないところでのみ動いているのではないか?起きているときは背後で、または遠いところで、あるいは寝ているときすべての場所で。そんなことを思いはじめてから、わたしの目が届かないところにあるものはすべて、わたしにとっての時間になった。

どうして待ってくれないの
そんなに急いでどうするの

それだから好きなものはいつでも身につけていたいし、好きな人の側にはいつまでもいたい。目を離したすきに缶バッヂは錆びるような、さようならした瞬間にあなたは時間と化してすがたかたちを変えるような恐怖だった。それはわたしだって例外じゃない。いつの間にこんな大きくなったのだろう、生まれたときは3000グラムだったそうだ。いつから少女じゃなくなるのだろう、いいやもしかしてもうとっくに少女じゃないのか?鏡を見たらまだ制服を着ているわたしがいたから安心した。じゃあ、脱いだら少女じゃなくなるのか?そんなはずない。

もし明確に、明日からは少女じゃないというくぎりがあるのならわかりやすいけど、そうではなくて明日も明日もその明日もわたしの身体はたいして変わらないのが当たり前。それが続けばいつまでも少女でいれるような気がするからたちが悪いのだ。時間が目に見えないせいで、しばしば永遠を錯覚する。

途方にくれた朝が嘘のように夜が来てあなたは帰る
改札に消えるあなたは時間になろうとしていた
振り返らないその背中はまるで歳月

 

 

うっわなげーたまごです。長くて読みにくい文章は本当に言いたいことがわかってない現状を表しています。賢い人は話が短いのはそのせい。この詩、高文連ていうお堅いトコ主催のコンクールに出そうと思ってたんですが、少女という文字乱用してしまったのでボツです。なぜなら公にウケる作品は当たり障りのない作品だと決まっているからです。…なんか芸術のコンクールなのにその中でも個性がわかりやすい人ほど評価されるの変だよな。でもいつだってどこだってそうなのがこの世だし今日も頑張って生きてゆく。

「少女」という言葉、めちゃくちゃ美しいと思うんですけど、なんか誰にも彼にも使い古されて擦り切れてしまったというか。例えると、すごく綺麗な女優さんがいたとしてもクソダサい映画を作る監督に使いまくられてその女優さんまでダサく感じるようになってしまったみたいな。そういう状況にある言葉だと思うんですね。本当にもったいないと思うんですね。言葉の本当の美しさを引き出す努力、英語は勉強しないけどそれだけは頑張ってます。世間をワインに例えると底に溜まったアレみたいな人間です。ワインを作ったら必ず出てきてしまうんだから、しょうがないよね。

おもかじ

f:id:bensonsomeskank:20160729004128j:image

たまごです。

世にはオジサンを好む女性が一定数いましてわたしはそれをオジコンと呼んでいます。わたしもついこのあいだまではそうだった気がします。いまはすっかり同い年のドラマーにらぶずっきゅんてきな理論てきなかんじです。意味がわからないのは徹夜による疲労と希望閉塞感のせいです。つまりオジコンは引退した身なんですがオジコン、オジコンってそんなに異常なことではないと思うんですよね。オジサンがいけますという女性は少なくないはずです。なぜか?それはオジサンがかっこいいからです。ワケは後述します。しかーし、ババア好きのババコンあるいは熟女好きともいう人だってこの世にはいますがそれらは異常です。なぜか?それはババアがかわいくないからです。

問題なのはなぜオジサンはかっこよくてなぜババアはかわいくないのかという点です。要は生物的に魅力的かどうかだと思うのはわたしだけかしら。以下は生物をかじった偏差値低めの学生の推測なのでホンマでっかの精神でお願いします。

男性と女性はそもそも性のテーマが違います。男性が放つ精子はいつも真新しい状態ですなぜなら毎日作りまくっているからです。キンタマファクトリーで1日に億単位の精子を作るからです。男性のテーマはその精子たちをバンバン作ってバンバン放出することにあります。

一方女性は、生まれたときから卵子の数は決まっていて(正確に言うと原始卵母細胞だったかなんだか)それらは生まれてから増えることはなく減る一方なんですね。だから女性のテーマは限られたそれらを守ることにあると思うんです。

で、けっきょく人間も生物なので、魅力を感じる個体は遺伝子的に優れていたりいい子供を産めそうな身体をしていたり(肌が綺麗な人の方がかわいく見えたり、ちょっとふっくらしたケツのでかい子にムラムラするなど)そういうふうに仕組まれているような気がします。そう考えるとオジサンは、しっかり健康面に気を使っていてアッチのエッチのほうに興味があれば元気な精子が生み出せるし生殖する相手としてそんなに問題ないのです。いい子孫を残せ、という遺伝子の命令に背いてないのでノーマルです。

しかし女性の場合、卵子の劣化からはどう健康面に気を使っても逃れられないものです。いくら冷蔵庫でも30年同じもの入れてたら腐るわって話です。(高齢出産は発達障害児の生まれる可能性が高い)つまり若ければ若い女性ほど、卵子がピチピチで新鮮でいい子孫が残せそうだと感じるのが遺伝子のさだめ。生物的にそれがノーマルなのです。そら女子高生みんな好きになるわ。

だからつねづね 男性が羨ましい。綺麗に歳を重ねることが女性は難しくないか?若く見える、のは単に若作りが成功しているだけだ。年相応の見た目でも綺麗に歳を重ねるということがしたいのに。男性はそれがうまくできている人が女性に比べて多い気がします。つかみんな女子高生好きすぎだろ。男って嫌ね、というか生物って嫌ね。

あじさい

f:id:bensonsomeskank:20160621220609j:image

わたしって


特別ではなく
かといって普通でもない
わたしって
一体なんなの?あはは
ぬるい毛布の中
身体さえ滲んでぼやけていくような
それを諦める眠りにつこうとする
わたしって わたしって


知らねーよ。たまごです。毛布の中で滲んでぼやけるのは川口晴美さんのパクリスペクトです。パクリスペクトって造語流行らないかな〜いま考えたけど。
http://nico.ms/sm28987572 こういう曲を作った〜最近歌詞を書くコンセプトが大まかにセックス。あと自分がババアになったら泣ける曲作ろうという気持ちも大きい。ババアになったらまた聴いてねという意を込めて…わたしって昔っから歌詞に自分のコンプレックスや嫌だったことを詰め込むことが多くてなんでだろうなあと自分ながらに疑問だったんだけど、これは自分の欠点や人生のなりゆきを音楽という形にして昇華しそして肯定したかったんだ/されたかったんだなと最近めちゃめちゃ気づきました。自分をコンセプトにした音楽を認めてもらうことで自分のことを認めてもらってる気になれるというか。昇華って単語がすごくしっくりくる。DTMに出会う前の自分は普通に援交願望とかあったしちょっと自傷もしてたし(でも携帯電話はなかったし、傷跡は残らない浅いカット)つまりはそういうことを実際にやってる人たちって認められたい一心なのかなと思ってしまう。紙一重。一重瞼。わたしも音楽で認めてもらうことを知らなかったら今頃どうなってるんだろ。知らんがな。ジメジメと梅雨前線せまりくるろくがつ、汚ねえ制服を完璧に着こなすぜ。

とうきょ

f:id:bensonsomeskank:20160501161452j:image

少し女の子

いつのまにか
わたしがなにをしても叱ってくれるひとはいなくなって
自己責任というかくばった言葉ばかり背負わされて
彼氏にあまえたらしらけるし
かわいくもないし肌のしたたるはりもない
そのかわり
お酒もタバコもやりたい放題、ゲームセンターで明け方までお金をすり減らすこともできる
でもなぜなんでだろう
大人になったからできることなにをしてもなにか満たされない
よっぽどたのしかったわ、隠れてお酒を飲んでママに顔色でバレて怒られたときのほうが
おかしい、おかしいな…
日が暮れて  人はいるのに影だけ消えてゆく
さして若くもないわたしを振り返る人もなく
いつからか少女とは呼ばれなくなった
ある日とつぜんだったのか
そうではない  そうではないのになぜかもう
でもまだ少しは女の子よ
少し女の子?それって少女ではないの?
そもそも少女ってなにがすくない女の子なのかしら 女としての質量?
いや 見送った季節の数?
だとしたらわたし…ううん

そうしてお酒を飲んでるうちに
そんなことどうでもよくなるんだわ
脳がすり減って
ぼやけてゆく一方のからだを
だれか叱ってくれないかしら
馬鹿にならないとやっていけない
きっとママもそうだったのね
女を捨てずには生きてゆけなかった
お酒はそのために許されている
だんだん 馬鹿になる
残されていた多少の女の子が
淀む


いつ書いたんだこれ。おつかれさまですたまごです。困ったことに18の誕生日まで残り1ヶ月と少しになりました。18歳て。17と18てすごくきこえが違うのはなぜだろう、ツタヤのカーテンの先へ入れるからなのか。18を切り目に禁止されてることが多いからかな。あと2年もしたらハタチになって、そしたらもうだいたいのことは止められる理由がなくなってきます。たとえば酒とタバコ。そこで堂々と酒を飲んでるわたしはぜったいに思う、大人から止められないことが自分が大人になったということを自覚させられるようで逆にツライみたいなこと思う。めんどくさい女の典型であり愛されるべき女の子なんだよ愛せよ。女の子ってわがままでもまあ許されるところあるからいいな。それが許されなくなったときが怖いのです。許されないぶんだけお酒が許されるみたいで、ああ大人になりたくねえなあ…

しくしく

f:id:bensonsomeskank:20160405234227j:image


夏、秋、冬、と
なにも気に留めず歩いていた道に
春、突として桜が咲いた

このあいだまで 極めて地味な幹を
しずかに 立ちのぼらせていたのみ
溢れるほどの花びらを持ちながら
その気配すらかんじさせなかったのに
どうしたのあまりに急すぎませんか
なんだろうこの忙しなさを
わたしはどこかで見たことがある
どこかで

窓の反射を見るとそこには
もう頂点を過ぎた肌を悟ったわたしが透きとおっている
それもあまりに急だった
まわりの友達が入れ替わるのも
彼氏ができて別れるのも
学校の色味がない生活も
あとあの芸能人とか
お父さんが死んでゆくときも

颯と過ぎてしまった日々を
吹かれて飛ぶ桜の花びらに
重ね垣間見てしまったのかもしれない
あまりに派手に咲き、あまりにあっけなく散っていくその一寸
べつに悲しいわけじゃない
悲しいわけではないけど
なぜだ泣きそうになりながら
帰るしかなかったのだ 家に


みたいな花見をしてきた写真を参照。
今日始業式でした最近なんか子供がかわいく思えるようになってきてこれはまさか自分もう子供じゃないってことなんじゃ?と認めるのはツラいです。自分がどんどん、自分で想像もしていないものになってゆく恐怖との戦いそれが少年少女期!!わたしまだその恐怖かかえてるからギリギリ少女!!!書類の上では高校3年生だけど心だけはまだピチピチの化粧知らず1年生のつもりです。そんなこと言ってる間に卒業しちゃうのかしら。次の桜を見るのが怖いよ