ババアは1日にしてならず

少女がババアになるまでの日記

ミニアルバム -夏か死- の歌詞

 f:id:bensonsomeskank:20180407231616j:image

 

 1.懐かしい夏の日  feat.ちかしくん

波間で跳ねるあなたが光る
7日で死ぬとは知らぬ蝉のよう

狭間で迷うあたしは若く
まさか死ぬとは知らぬ蝉のよう

叫べど遠くあなたは素面
すでに死んだとは知らぬ蝉のよう

懐かしい服着て
夏の日に飛び入れば

生きるも死ぬも
同じようなことだろう

車で駆ける夜は短く
いつか終わると知らぬ夏の夜

 

-----------------------------------------

 

 2.永遠は?   feat.雪歌ユフ


ああ
どこかにあるのなら あなたを連れ出すわ
野外 都内 未来 どこかに
ああ
ちぎれる雲のなか なにかを諦めた
いない なにもないふたりは弁明した

泣き出すロンリーガイ
生命体である以上あなたと体内外
手繋いでも境界線
それでも永遠はどこかにあるの と
ふたりで弁明して
ないとわかった上で

言葉もなくていい
身体もなくていいのに
制服もなくていい
教科書もなくていいのに
それじゃダメらしい
それじゃダメらしいのだ
もっと簡単でいい
もっとシンプルでいいのに

いらない論理以外
最難関に行くんでしょ
見兼ねた大先輩 諂いでも正方形
それでも数学は嘘をつかない、と
あなたは証明して
ないとわかった上で
駆け出すロンリーガイ
生命体なぼくらに課された細胞膜
隔たれた外界へあなたとフォーリンラブ

共同体になろうとした
ふたりの懸命な試みを笑うなよ
永遠がないならこうするしかないだろ

 

-----------------------------------------

 

 3.シーズンオフ   feat.重音テト


去るときは告げてくれとあれほど言っただろう
気づいたらもうどこにもいないの
過ぎたあの夏のように

 

見捨てるようにすぐ安売り
しがみつくようにあたしは買った白いセーター

過ぎ去るよりこのままがいい
割増のタクシー、あいつを追って
見えなくなるまで

抜くときは告げてくれとあれほど言っただろう
だけど彼はまた無言で果てては過ぎ去るだけ
死ぬときもこんなふうに逝ってしまうのだろう
気づいたらもう空が陰って
不意にいなくなるのかなシーズン

それでもいいの3人目
あなたのチューで吸いこんで
どこから来たの生態系
どこかへ行くよ抱きしめて

いくときは言ってくれと、あなたがそう言うの
あたしはまだわかってないよ
なぜ過ぎねばならないのシーズン

どこへいくの
どこからきたの
なにをするの
なにになるの
何も彼もそう
いつ死ぬかも
わからないけど
ここにいるよ

 

-----------------------------------------

 

 4.デジャヴ

 

きみはロンリー
ずっとロンリー
あたしもロンリー
ちょっとさみしい

机上の論理
食べるブラウニー
呪いのように
ずっとさみしい

この道はいつか来た道
なのかわかんなくなる
この夢はいつか見た夢
だけどわかんなくなる

きみはオンリー
たったひとり
それでもベイビー
生きるぜベイビー

頭がパーなのだ!あっけらかんとチンパンジー!おくすりちょうだいよパパ!水酸化じゃ足んないよpH!あたし馬鹿なのだ!アッパラパーの一般人!お叱りちょうだいよママ!酸性雨が溶かしたゾウさん!

それはバージン
あたしのバージン
あげるよダーリン

だけど それでも まださみしい

あの日々にいつか戻れるのかと思っていたよ
そんなのもういっか 忘れることが正しいのでしょう

この歌の意味があなたにはまだわかんなくても
戻れなくなった昔のことを思い出してみて

 

-----------------------------------------

 

 5.タール

ヤニにまみれて
部屋で液体と化す
闇に紛れて
燃え尽きるのを待った

黄ばんだカーテン
あんなに綺麗だったのに
黄ばんだ肺へ
もう元には戻れないのが
悲しいわけじゃない
煙がしみただけ

ヤニにまみれて
ママには嫌われた
闇に紛れて
少し家出をしようぜ
網にからまって
自虐がやめられない
間にに間に合って
吸い尽くしたら行った

黄ばんだ思い出
ああなぜうまく思い出せない
地盤が緩んで
もう過去には戻れないのに

黄ばんだ歯で笑ってみたのだけど
自分がまるでもう別の誰かみたいだな

最初に吸った日のことは
今でもよく覚えてるんだ
でもこれ何箱目だか
忘れてわかんないけどな

そうさわたしは薄情さ
回数が増えれば当たり前か
忘れてしまうぐらいに
一緒にいたってことかな

黄ばんだカーテン
黄ばんだ肺へ
黄ばんだ思い出
黄ばんだ歯で

悲しいわけじゃない
煙がしみただけ

 

-----------------------------------------

 

 6.いもむし

 

飛び立とうと蛹が背中をきらりと開く
そこに指を入れたい
ぐちゃぐちゃかきまぜる

街は進化をやめずに
彼は変わりたいらしい
私の葉を食べつくした
根は地から取れない

旅立つ日のあなたは背中の羽が光る
好きだったのはいもむし
ぐるぐるまき戻す

 

-----------------------------------------

 

 7.運命は?   feat.重音テト

 

だれでもいいのかもしれない
なんでもいいのかもしれない
バナナでもいいのかもしれない
飴でもいいのかもしれない

さみしいきもち
金木犀に乗って
ひとりとひとり
秋の夜長をゆく
流れ星のように
東海道に沿って
さみしいふたり
鉄の中で揺れる

だれでもいいのかもしれない
なんでもいいのかもしれない
たまたまあなたがそこにいた
これでも運命と呼べるの?

だれでもいいのかもしれない
なんでもいいのかもしれない
それでもあなたを選んだの
これを運命と呼びましょう

なんでもするわあなたになら
どこへでもいくわあなたとなら
わたしは夜が好きだから
このまま遠くへ逃げよう

(もう遠くへ
ああ、もっと奥へ
もうとっくに
ああ、もっと奥に)

 

-----------------------------------------

 

手にとっていただいた方、本当にありがとうございます。

一曲でも響くものがあれば幸いにございます。

    tamaGO

本当のことってなあに

f:id:bensonsomeskank:20180406020324j:image

 

「ねえ先生」

黄色人種のはずなのにその生徒の顔は自分の白衣より白く見えた。日当たりの悪い生物室の窓へ珍しく日が射していたからだろうか。生徒はたまに私のところに意味もなくやって来る。教師と生徒の関係など点数をつける側とつけられる側の二極構造に過ぎないのだが、この生徒は成績に興味がないらしく、授業はいつも寝ているし自分の興味がある科目しか勉強しない。正直でわかりやすい生徒で、教師と対等のコミュニケーションを求めるようだった。生物の教師である私に興味があるのは生物の成績がよくなってきたころから気づいていた。生徒はこうしてたまに私に点数にならない質問をしに来る。コミュニケーションを求めて。

「先生、四月馬鹿はなにか嘘つきましたか。」

「いいえ、その日は仕事でしたから、嘘をつこうものなら首が飛んでましたね。」

「仕事じゃなかったら嘘ついてたかもしれないんですね。友達のみんなは嘘ついてました。くだらなかったです。いつも難しい嘘をついてるくせに、その日だけかんたんな嘘をついて、まるでわかりやすい人間であるかのように振舞うんです。」

「それは本当にわかりやすいですね。悪いことを考えているけど、天真爛漫に思われたい、そう目論んでいることが直ぐにわかるではありませんか。ある意味でその人の目標は達成されているのでは。」

「そうでしょうか。もしかしたらその裏があるかもしれません。裏かと思ったらまたその裏、その裏かと思ったらまたその裏、意表を突いて表、なんてこともあるかも…こうして終わりのないことを考えてしまうんです。他人のことなど考えてもわかるはずないのに。」

「考えるあなたは、人の気持ちを敬うことができる素敵な人ですよ。」

「違います。人の気持ちを敬っているつもりで、みんな自分の気持ちを尊重してるだけなんです。だって、自分の気持ちしか知りようがないもの。自分と同じ気持ちを持ってる人しか救えないんです。だからマジョリティの価値観を持つ人は好かれます。」

「あなたは人とは変わった考えを持つけれど、大勢の人に好かれているように見えますが、それはどうなんですか」

「それはみんなが私のことを見下しているからです。」

「あなたは見下している人に好意的にするんですね。」

「…そういうことになりますね」

生徒は笑った。白い歯が見えた。昼休みの騒がしさが生物室には届かない。別世界の時間が流れていた。

「先生、考えていたら本当のことっていつかわかりますか。」

透明標本を眺めながらの質問だった。私は美しい瞳で槍を刺された。マルバツをつける立場の私に、それを聞くのか。

「…私も未だわかりません。」

「先生でもわからないのなら、私にわかるわけないですね。…ああ、サクラソウが咲いてる」

私が植えたサクラソウが花開いていた。実はもう私の目は老い衰え、色の違いは殆どわからない。しかし生徒にはわかるのだろう。生徒の目にはあまりにもたくさんの色が鮮明にうつり、どこからどこまでが赤なのか青なのか、区別ができないのだろう。その若さを抱えながら、これから苦しむだろう。私はかつてないほど自分の老いを実感させられた。生徒の前では私は影になってしまう。物事を2つに分けて考えるようになったら、社会では生きてゆき易い。その大人の賢さを恥じるべきだ、と思った。

昼休みは終わり、私は授業へ、生徒は寝るために部室へ行った。授業ではいつものように饒舌に喋ることができなかった。自分の言っていることすべてが間違っているかもしれない気がしてきた。私も聞きたかった。一体何が本物なのか。どれが本当の色なのか。

 

 

だらだら長くなったので辞めます。たまごです。アルバム出します!がんばります。XFDはやり方わかんないのでたぶん出しませんが、みなさんどんどんイベントに来てください。曲作ってたら高校のころ好きだった先生を思い出して、生物教師と生徒の会話を書きたくなって、ガーって書いてしまった。エイプリルフールは苦手ですが、そのときついた嘘が来年のエイプリルフールまで叶わないっていう都市伝説はロマンあって好きです。恋人に「別れよう」って嘘つきました。ごめんなさい。でもほんとのことってマジでわからないですよね。最近そればっかりです。何かを断言することってめちゃくちゃ恥ずかしいことなのでは?とすら思います。かもしれない運転していきましょう。どっこいせ〜

エロ本がある街

 f:id:bensonsomeskank:20171205013221j:image

 

人間は動物か?

わたしは人間だ
ベッドに散らばった矛盾を片付けながら
眠りから覚めない獣を見つめる

嫌いな男のペニスで貫かれたときの
身体と心の剥離を忘れない
あのとき泣いたわたしは人間だったろうか
あのときゴムを付けたあなたは人間だったろうか
あの一滴が、あの薄い膜が
人間である証拠になるだろうか?

ただのいち生命体に過ぎないから起こりうる現象
気持ちのみだれはホルモンのせいで
愛すら子孫を残すための本能だろう
それを受け入れるには、覚悟が足りなくて
わたしは今日も証拠を作った
濡れたシーツを乾かしながら

 

 

 本日もやっていきましょう。冬は生きてるだけで疲れるから嫌だ。常夏の島でくだものとサカナひろって生活してみたいです。「日本が恋しい〜(笑)」とか言いながらね。

タイトルのひらがな4文字縛りはやめました。なぜその縛りにしたのかまったくわからんのだけど、そういう流れを自分の中で作っちゃってたから、意地でルールを守ってきた。しかし自分で決めたことに自分が苦しめられることってあるわけです。ルールを破るのは、過去のルールを守ってきた自分を否定するようで一瞬だけ苦しいですが、すぐらくになります。恋人と正しい別れをしたときもそんなかんじだよね。

 

 

ねえみなさんって、どのぐらい性に関心をもって生きてるんでしょうか。

 

私の話をしますと…いやこれは長くなるのでやめよう。誰も聞きたくないだろうし。アハそもそもこんなブログ誰も見てないか。

私はかなり性に惹かれて苦しめられてきた過去があります。好奇心のある自分を異常だと思ってたし、自己嫌悪もありました。それが成長過程として当然のことだとわかったのは最近のことです。この歳になってくると友人ともごくふつうにそういう話をすることが増えますから、角ばった言い方になりますけど、いわゆるサンプルが増えたんです。今まで自分しかなかった分析材料が何倍にも増えたんだから、視野も広がります。すべて当然のことです。

自分しかない世界で自分を異常だと思い込むのは簡単なことです。みんな、性のことは隠している。汚くて、はしたないことで、恥ずかしい場所だから、隠すべきものなのだ、そういうことですよね。モザイクかかるし。あそこから産まれたはずなんですけどね。産まれた場所にモザイクかかるのかよっていう。まあ少なくとも私はそういう認識でした。そして大人はそれを口に出さないから、みんな綺麗だと思ってた。私だけが汚いと思っていた。でも、こんなに子供たちがいるんだから、そんなわけないですよね。

 

エロ本が消えてゆく動きには色々な問題が絡み合っていて、私には到底理解できない。だけども、それを悲しいと思うことはできます。エロの世界があることは、そこにいる人たちがいて、それを見る人たちもいるんだという、安心感に繋がっていました。今ではインターネットがあるから、エロ本がなくても大丈夫なのかな。そもそもこんなことを思うのはど変態の私ぐらいなのかな。そんなことも思いつつ…

 

話変わるけど、ツイッターのプロフィールに「JK」と書く女子高生は多い。クリエイターでも、高校生ならだいたい書いてますよね。(もしくは書いていないユーザーが可視化できていないだけだが)でも、「DK」と書いている人って、なかなか見かけないように思うのは、私だけでしょうか。

ツイッターなどのSNSは人に見てもらってナンボのものなので、相手に与える印象が良くなる情報を選んで発信しているものだと思っていますが、ということは「JK」と書く少女たちは、無意識にでも女子高生であることが世間にとって好印象であることをわかっているわけです。ちょっと怖いなと思います。

 

確かに女性の性機能にはそうした特徴があります。元気な子供を産むには若ければ若いほどいいでしょう。男の本能も若い女性を欲するようになっているのはそのためでしょう。しかし今の女性の人生はそれだけじゃないはず。若さだけが美しさではないし、顔だけが美しさでもないはず。もっと言えば美しさだけが全てではないはず。…いや〜私も未だにこの悩みは解決できてないんだけども。

JKはブランドよ!って言う決まり文句も、死語になってくれないかなあ。本当に苦しいです、あの言葉は。言葉は呪いとよく言ったものですが、正しく呪縛ですね。

 

例えいつくであろうと性に関心があるのは悪いことではない、性=悪ではない、性的な目で見られることだけが女の幸せではない、そういうニュアンスをうまく伝えるにはどうしたらいいんだろう。私には詩と音楽しかないよ。課題に手をつけないまま、書いても意味のないことをぐちゃぐちゃと書いています。なすすべもなく日は暮れる…

さようで

f:id:bensonsomeskank:20171027194310j:image

 

僕は運命のひとを見つけてしまった。

 

 テレビの砂嵐のように混沌としていた僕の人生だったが、運命のひとを見つけたあとからその砂嵐の中に模様や絵が浮かんでくるのだ。人生には意味があった。今の僕にはそう思える。
 だが僕は運命のひと、彼女の顔を覚えていない。名前も、歳も、声も知らない。
 覚えているのは目の下に茶色いホクロがあることだけだ。それでも僕には十分だった。そのホクロのことを強烈に覚えていたから、また会ったときには、すれ違っただけでも、彼女だと認識する自信があった。僕は上機嫌でカップ焼きそばを作っていた。かやくを入れる。次会ったらなにを言おうか。お湯を注ぐ。いつ会えるのかもわからないのだから、毎日おめかししなきゃな。そうだ、あの人に会えるかもしれないなら、毎日外に出よう、ルーレットはたくさん回したほうがいい。ああ、日々ってこんなにわくわくするものだったっけ。3分経った。お湯を捨てる。ふたをベリベリと剥がす。僕の人生は、僕の日々は…そう考えながら茹だった麺の蒸気を吸い込んだ。すばらしかった。
 カップ焼きそば作りは終わろうとしていた。僕は最後のソースに手をかけて、袋をぶちりと切った。そのとき勢いがよすぎたのか、ソースが少し飛んで、僕の顔についてしまった。これはいけない、手にも少しついた。とりあえず袋から溢れそうなソースを麺にかけて、僕は洗面台へ行った。
 …しかし、おかしい。鏡を見ると、僕の顔にはソースなんてついていない。手にはしっかりついているのに。パニックになった僕はべとべとしたままの手で自分のきれいな頰を撫でた。茶色いソースがわけのわからない模様を作る。
僕は気づいてしまった。僕の目の下にあるホクロのようなものが、ソースだったのだ。わけのわからない模様とそのホクロだと思っていたものは、まったく同じ色をしていた。
 その瞬間に僕はまた海へほうり投げられたような不安に襲われた。もう人生も、日々もきらきらしなかった。あのひとが僕の運命のひとであるという証拠が、焼きそばのソースだったらどうしよう。テレビの砂嵐はもう絵にならない。僕は茶色いまま、冷めたカップ焼きそばを食べた。

 

 

 

短い小説でこんばんは〜たまごです。出会ってる?このブログを読んでるあなたとは確実に出会ってます。今夜もトロットロに吐露しますのでよろしくお願いします。

 

人生のなかの様々な選択に正解をつけたくなりませんか。

ものを買ったら会計をするし、テストをすれば丸をつけるし、知らない言葉の前に立ったときは辞書をひくし、恋人に「わたしのこと好き?」とか聞いちゃうし、ほとんどのことには正解らしきものや事実っぽいものがある、もしくはなかったとしてもあるように見せかけてくれるんですけど、自分がした決断、選択、その結果である現在の暮らしの充実度について答えを出すのは自分しかいなくて、誰も教えてくれない。なにが正解だったんだろう?と考え始めると立ち止まってしまいますよね。

選択は0か1か、白か黒かであっても、その先の人生、暮らしが二進数とかモノクロ写真になるわけないから、あんま考えすぎるなよ〜って自分に言い聞かせながらコーヒー飲んでます。人によっては何を言ってるかわからないかもしれませんごめんなさい。

 

過去のすべての選択は間違ってなかったのだと、そう思えるように尽くすしかない。正解だと思うほうに歩きながら、正解を考えていかなきゃいけない。すべての間違いは必要だったのだ、そう思うことで正解になるように。

はてさて

f:id:bensonsomeskank:20170926203417j:image

 

 

   一線を超えた

 

一線を超えた自覚はある
しかし一体どこで?
今はもう覚えていない
ああそして線すら見えなくなって
ものすごく遠くへ来てしまったような
まだ近くで彷徨っているような
いつ電車が来るのかわからないプラットホームの
黄色い線を踏み外して歩く

 

 

お久しぶりです〜たまごです。今この時点でこのブログを読んでる人はいないと思うのでわたしは虚無に向かって「お久しぶりです〜」とか書いているんです。どうかこんなさみしい人にはならないでください。

 

大学の勉強がすごくたのしくて、無名の大学だけど入ってよかったなあと思ってます。友達いないけど…

小学生〜高校生までの勉強って「こんなこと意味あるのか?」とか思いながらみんなやってるんでしょうけど、今思うとあれはパズルのピースを手に入れていってる段階だったんだと合点してます。大学生になり、論理的な思考が立つようになって、初めてそのピースを当てはめていくことができる…そしてほとんどの知識は一本の木のように、ひとつの絵のようにまとまるんです。最近はそういう感覚で勉強しています。

 

でも、わたしは単に「考えること」が好きなだけなんですよね。そこに偉いだのなんだのはあんまり関係ないことだと思います。座って考えるより、行動して覚えたほうが得意なひとだっているし、指示をするより、言われたことをこなすほうが向いてるひともいる…いろんなベクトルを持ったひとたちがいるから、こんなに社会も多様化したんですよね。そこを忘れちゃいけない。いや〜最近「これだから大学生は」ってバイト先で言われてヘコんでたけど自分なりにこう結論が出ました(笑)わたしは自分の傷のために考えるタイプの人間かも。

 

新曲は10月10日テトの日に投稿予定です。高校のころに作ったちょっと古い曲ですが、もう少し秋をたのしみながらお待ちくださいね。

じだらく

f:id:bensonsomeskank:20170701041412j:image

 

   石のようだと思ってた

 

石のようだ
石のようだと思ってた
あいつのアタマを
おれはとうとうカチ割ってやった

石のようだ
石のようだと思ってた
あいつのアタマには
あたたかい血と、乱反射する言葉が詰まっていた


ナイフのようだ
ナイフのようだと思ってた
あいつのココロを
おれはマッチ棒のように折ってやった
(こんなに簡単に?)

ナイフのようだ
ナイフのようだと思ってた
あいつのココロには、ああやっぱり
わたあめみたいな神経と、しなやかな生活が詰まっていた

なにより無機質なのはおれ自身なのではないか
おれのアタマの中
ココロの中、見してやるからそこにいてくれ

 

 

相手が情報を開示してくると自分も心を開いてしまうアレ。多忙にまみれて6月は更新を忘れました。たまごです!

 

多忙も悪くないけどいかんせん金がない。あとどんどん頭が砂漠になってゆく感覚があります。久しぶりに詩を書きました(自分の中では冗談にならないくらいひさびさです)

 

去年の今頃は「18歳」を背負わされてその非現実感に辟易としてたような。今となっては19歳…今年の誕生日はこれといって感慨もなく、かといって虚しいわけでもなく…忙しいとここまで心が鈍感になるんですね。むしろこの鈍感さが健全であるように思います。去年まで女子高生というブランド消失が世界の終わりように怖くて、必死で痕跡を残そうとしてましたね、いつでも思い出せるように…その結果の未来は思い出す暇がないから徒労ご苦労ってかんじです。

 

多くの人は日々をこなすのに精一杯で、一瞬一瞬を惜しむ暇なんてないわけです。

「今」に執着してられるってことは、暇なんですねえ…暇だったんだなあ……

 

これが大人になるということだったら、思ってたより痛くも痒くもないし、大人になってしまえばなにも感じないけど、敏感な少女からしたら、見てるだけで痛かったんだと思います。忙しさほど怖いものなかったですから、あの頃。

 

ふー久しぶりに課題以外で長い文章書いたなー。ぼちぼち曲作らんとやばい。UTAUオンリー待っとってなー!

たんぱく

f:id:bensonsomeskank:20170512021612j:image

Vineだよ〜!」


そう、わたしが今まで生きていた日々はVineの中のループに過ぎなかったのである。

微睡子の様子が今日はおかしい。サーモグラフィーを転写したように身体の温度がわかる。顔は青白くくすんで、手足は熱をもった赤色をしていた。そういえば彼女は寒がりであり、いつも着込んだかっこうをしているが、本日は春の晴天。むだに重ねた衣服は、垢のように身体を圧迫してるに違いない。熱がこもって居ても立ってもいられない様子だった。
なんでも、彼女は寒いことが異常に怖いのだそうだ。確かに春は日陰に入るとすぐさま温度が下がり、指先から夕闇に蝕まれる。はやく帰らなくては死んでしまう気がするから怖いのだという。濃い紫色は冷たい、だから6月に紫陽花が咲くのだと思う、と講師が言ったところで時刻は12:10をまわり、わたしたちは昼ごはんを食べに大学を出た。日差しは強かった。日焼け止めを塗り忘れた腕から白いチャックが開いて、とつぜん世界の出口が見えた。今までの人生は液晶の中のVineの中のわたしの中の6秒に過ぎなかったのだ。やりなおし


…なんでもないです。たまごです。

夏の訪れを感じつつ、自分が大人になるのを感じつつ、諦めることが増え過ぎてそれすら忘れてることに気がつく、んでそういうときって全てが手遅れだったりする。あるあるー!深夜はこういう気持ちになりがちです。

 

新曲の「永遠は?」たくさんのご視聴ありがとうございました。

www.nicovideo.jp

 

「隔たり」をテーマにした曲ですが、永遠もないし1つにもなれないしこの世は終わってますね。それでも愛す価値はあるのか?みたいな、めんどくさい文学少女メンヘラにありがちな歌詞です。でもしょうがないんだよね〜

 

身体の境界線がいちばん曖昧になるところが「粘膜」なんですけど、恋人たちはそこを舐め合ったり擦りつけ合ったりして1つになろうとするわけ。で、その結果うまれたものがまた「他人」に過ぎない子供であるという、なんという皮肉。これもまた曲にすると思います。

 

そう、子供って他人なんですよね。「家族だから心が通じ合ってる」とか伝説です。みんな隔たりがあり、超えられない壁がある。それ前提で話をしないからこんがらがるわけで…日本人はとくに同じ言語を持つ人なら言葉が通じると信じがち…自戒をこめて。

 

生物の先生が語ることって社会の色んな仕組みと似ていることが多いのは、社会もまた自然界で、わたしたちはただの一生物に過ぎないことを示してるのかな、と思います。だから生物室で映像を撮りました。絶望を歌うことが誰かの救いになりますように。